• 近況
  • 学園の近況
  • 幼児生活団の近況
  • 初等部の近況
  • 女子部の近況
  • 男子部の近況
  • 最高学部の近況
最高学部の近況
2017年 3月19日

3月17日(金)の17時から19時半まで,学部棟3階中教室にて,4年生の修養会が行われた.4年生32名ひとりひとりの,卒業を前にしての思いが語られ,互いにそして学園長と学部本務教員が聴いて受け止めた.

4年生の修養会

讃美歌を歌う

4年生の修養会

聖書を読む

自由学園でともに過ごした時は長い.短い者でも高等科入学から7年間を共有している.今年の女子は全員,中等科以降の10年間を共有している.語られた言葉の中に「趣味や個性が合わなくとも友達という面白さがあった」「同悲という言葉を学部長から聞いたが,楽しい時だけではなく悲しい時をともに過ごしてくれる友人がいる」「自分をさらけ出して隠さず過ごせた」「学校にいると誰かがいる喜びがあった」などが聞かれた.

修養会では,こうしたクラスへの思い,自由学園に入る前の気持ち,将来のことが語られた.ある者は「自分の頭を覗かれているのかと思うくらい共感した」と表現したが,心がひとつになった瞬間であった.

4年生の修養会

思いを語る

ある者は「どれだけ本気でぶつかってきたかで自慢は誇りに変わる」と語った.「したいことは全部できた」と語った者もいた.

「高等科までに団体生活を学んだ.学部で個とは決してばらばらになることではなく一対一の関係を作るということと気付いた」「自分がひとつになった学部だった」「これから先も,先入観を持たずに,自分の言葉で考えよう」などと発見や決意の言葉があった.

4年生の修養会

卒業式のリハーサル

4年生の修養会

担任の神明久先生を囲む4年生

翌日には夕礼拝が行われ,壮行会も行われた.卒業を前に気持ちはまとめられたようである.いよいよ明日は卒業式.

ecalic033_002 学部長ブログ第63回 2017年卒業礼拝「埋み火」

文:遠藤敏喜(学部教員)
写真:花井聖仁(学部4年)・遠藤敏喜(学部教員)




2017年 3月18日

ライフスタイルゼミは、3月12日(日)に、小学生とその親子を対象とするイベントを自由学園で開催しました。

ライフスタイルゼミによる学園町との交流
ライフスタイルゼミによる学園町との交流

ライフスタイルゼミによる学園町との交流

地域の子どもたちとのイベントを開催するライフスタイルゼミ

このイベントは、学校と地域の交流を扱う卒業研究の一環として実践する活動で、自由学園の自然を生かすことを大事にしています。当日は快晴のなか16名の小学生とそのうちの保護者の方5名が集まり、キャンパス内での暗号探しゲームを行いました。参加者からのアンケートで「知らない人と関われた」「普段はできない自然に触れることができてよかった」などの感想をいただけたことから、このイベントを開催できてよかったと思いました。

文:元植裕紀(学部4年)
写真:水嶋敦(学部教員)




2017年 3月17日

卒業式のあと、新卒業生とご家族などをお招きして女子部食堂で開かれるお茶の会で出されるケーキの一部を3年生の有志で作っています。どんなケーキになるか、当日のお楽しみ。

卒業式お茶の会のケーキ作り

新卒業生とのことを思い出しつつケーキを作る3年生

文・写真:奈良忠寿(学部教員)




2017年 3月16日

4年生の近藤紫織さんと種房史花さんは,高等科1年生の時に震災があり,2年生のときから支援活動に参加してきました.現在2人は現地での活動マップを作成しています.2月23日には婦人之友社編集部の小山厚子さんがいらして,毎回の活動に同行してくださっている夏井正明先生も交えて,その打ち合わせを行いました.

十三浜の活動マップを作成する

マップ作成の打ち合わせを行う

2人が作成している活動マップは,これまで十三浜でそれぞれ活動してきた男子部,女子部,最高学部の活動をまとめて,互いの活動をつなぐためのものです.今後も活動をするたびに更新していきます.

十三浜の活動マップを作成する

学生にお話をしてくださる小山厚子さん

近藤さんと種房さんは,「私たちは自由学園を卒業しますが,女子部のときから6年間続けてきた支援活動なので,きちんとまとめないといけないと思っています.このマップが今後の活動の一助になればと思います」と語っています.

ecalic033_002 婦人之友社『三陸わかめと昆布 浜とまちのレシピ80』
ecalic033_002 婦人之友社:十三浜とつながって生まれた人気レシピ 自由学園

文:遠藤敏喜(学部教員)
写真:奈良忠寿(学部教員)




2017年 3月15日

生活経営研究実習の図書・記録資料グループは、4年生の卒業へむけた準備のひとつとして、卒業論文の製本をしています。本日は、製本の作業工程で力がいる作業を男子学生2人が行ってくれてとても助かりました。

卒論の製本

卒論の製本

卒論の製本

この4日間で卒業論文の製本作業を終える予定です。卒業式までにお見せできるように準備します。

文・写真:図書館・資料室スタッフ




2017年 3月14日

学園では、求愛活動をするガマガエルの姿をみかける季節となりました。4年生も卒業研究報告会が終わり、卒業へむけて毎日を過ごしています。そんなある日、学園特別実習 樹木・庭園グループOBの4年生が、2年生の作業のTAをしていました。ちょっといい光景でした。

春近づく

春近づく

文・写真:奈良忠寿(学部教員)




2017年 3月13日

3月9日(木)に,朝から晩まで,動画撮影を行いました.

新サイトのための動画撮影

新サイトのための動画撮影

1年生から4年生まで,学部進学の理由を熱く語ったり,学部の研究や実習など授業の様子を真剣に語ったり,卒業研究について楽しそうに語ったりしています.「学部の魅力を一言で」という質問への回答には「なるほど,うまいこと言うなぁ」と感心しました.

撮影場所も教室だったり,学部棟前だったり,新天地(学校農場)だったりで,とにかく面白いものに仕上がりそうです.近日中にホームページで公開しますので,どうぞお楽しみに.

文・写真:遠藤敏喜(学部教員)




2017年 3月12日

3月5日(日)の早朝からお昼過ぎまで、卒業を控えた4年生とその父母により感謝会の準備が行われた。感謝会とは、卒業生と父母の皆さまが私たち教職員を招いてくださり卒業式後に行なわれる会のことです。今日はその会場となる学部棟の清掃と準備を行なった。

4年生と父母による感謝会準備

清掃しつつ想い出を語る

お昼には、卒業の記念としてカリンと梅を2本、、男子部25回生の内田義彦さんのご指導のもと、植樹した。

4年生と父母による感謝会準備

思いを込めて樹を植える

文・写真:神明久(学部教員)




2017年 3月11日

3月4日(土)記念講堂で、最高学部4年生による卒業研究報告会を行いました。

卒業研究報告会開催される

上:環境と経済・社会の報告 
下:ライフスタイルの報告

6つのゼミナールに分かれ、19の研究報告を行いました。内容はデンマーク文化、地域のかかえる問題、河川の自然環境など多岐に亘りました。また、昼食後には、研究の一環として考案された体操をお客様と一緒に行う、楽しい時間もありました。

卒業研究報告会開催される

上:考案した体操を演技するデンマーク体操チーム
下:質問に答える人間形成と教育チーム

報告会の最後に、渡辺憲司学部長から「学びはこれでおわりではない、ひたむきに研究に取り組んだ姿勢が大切でありそれを続けていくべきだ」とのお話しがありました。私たち4年生はこの言葉を胸に卒業後も自分の研究を続けていければよいと思います。

卒業研究報告会開催される

上:講評を述べる数理モデルとインターフェイスの遠藤先生
下:渡辺学部長による総括

今回の来場者数は約400人でした。お越し下さった皆様、質疑応答でご意見ご感想を述べてくださった皆様、そして私たちの研究に協力してくださった皆様、本当にありがとうございました。

文:庵奥大志(学部4年)
写真:花井聖仁(学部4年)・田中悠貴(学部1年)




2017年 3月10日

2月18日(土)に,今年度最後の,地球市民教育フォーラムが開催されました.

最高学部は,このフォーラムを学生の必修科目(特別講義)と設定し,全学生とも年3回の出席を卒業の要件としています.この特別講義を通して,地球に住むすべてのいのちの持続可能性の観点から,よりよい社会を創り出していくために必要な視座を獲得します.

今回は哲学者の山本芳久先生(東京大学准教授)と宗教学者の大貫隆先生(東京大学名誉教授)の講演でした.キリスト教とイスラム教の視点からお話いただきました.

地球市民教育フォーラム:キリスト教とイスラム教の対話を通して”いのちの経営”を考える

地球市民教育フォーラム:キリスト教とイスラム教の対話を通して”いのちの経営”を考える

山本芳久先生と大貫隆先生

学生からは次のような感想がありました.
・異国の歴史と文化を理解することは友好の第一歩である(4年男子)
・ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も信じる神は同じである.神の解釈はそれぞれ自由であり,間違いなどない(4年男子).
・自分の関心だけに留まらず,視野を広げようとすることがまさに現代社会に必要なことである(4年女子).
・いのちが尊いあずかりものであるという考え方は宗教を越えて分かりあえるものではないか(4年女子).
・コーランを初めて知った(3年男子).
・何も知らないまま批判しない.そして間違った情報を流さないようにしたい(3年女子).
・宗教を私たちの生活のどこにおくか考えた(2年男子).
・これまできちんと聞いたことがなかったイスラム教の話が印象的だった(2年女子).

文:遠藤敏喜(学部教員)
写真:花井聖仁(学部4年)・田中悠貴(学部1年)




ページトップへ