• 近況
  • 学園の近況
  • 幼児生活団の近況
  • 初等部の近況
  • 女子部の近況
  • 男子部の近況
  • 最高学部の近況
  • HOME
  • 学園の近況
学園の近況
2017年 3月20日

2017年3月20日(月)、春らしい穏やかな日に自由学園第95回卒業式が行われ、これまでお世話になった方々、新卒業生のご家族の皆様、在校生、卒業生、教師らが見守る中、最高学部4年課程の男女32名が卒業いたしました。

讃美歌を歌う新卒業生

卒業証書授与

 

 

 

 

 

 

ステージに並んだ新卒業生。
代表が「卒業に際して」を読む。

新卒業生代表は男女各1名が務める。 ステージ上には左から市岡揚一郎理事長、来賓 近藤誠一様、高橋和也学園長、渡辺憲司最高学部長が着席。

 

 

 

 

 

 

来賓祝辞 近藤誠一様

本日の卒業式では、元文化庁長官、現在日本・デンマーク協会会長であられる近藤誠一様より祝辞を頂きました。
3つのことをお話下さり、何事も結果も大切だが、どのような「プロセス」を経ていくかがもっとも重要であること。ルールよりも人を大切にするマナーが大切であること。3つ目として、日本の文化には、能、茶道、華道、和歌等々いろいろあるが、趣味として一つでもよいのでそれに親しみ極めていくことをお勧めしたい。一つのことでも深く知ることにより学んだことが国際社会にあって日本人としての嗜みともなり、教養ともなる。とお話くださいました。

 

高橋和也学園長 新卒業生におくる言葉

高橋和也学園長は、最後に、卒業を前に全員が書いた「卒業に際して」には、多くの学生が友達とのつながりを大切に思い、友への感謝を述べていたことを紹介しました。生徒・学生が生活を自治している学園生活で、楽しい時だけでなく、大変な時、つらい時を、学校でも寮でも時間をかけて共に乗り越えてきたからこそ生まれたつながりです。そのような友はこれからの人生においても互いに支えになると話しました。そして、学園で培ったものをそれぞれの場でぜひ発揮してほしい。さらに、皆が兄弟姉妹のように育ったこの自由学園は家のようなものです。機会のある時にはぜひまた来てほしいと語り、「元気で行ってらっしゃい。」と新卒業生を送り出しました。

卒業式の最後に、参列者全員で校歌「自由をめざして」を歌う。

卒業式を終えた後、在校生が準備したサンドウィッチやケーキでお茶の会が開かれ、その後新卒業生父母が準備して下さった手作りのお食事を囲み、感謝会が開かれました。これまでの学園生活を振り返り、新卒業生、保護者の方々、教師が相互に思いを語り合い、今日の日を迎えられたことを感謝するひとときを過ごしました。




2017年 3月2日

6月に発足した国際化センターでは、各部で行われている国際交流プログラムの推進、海外からの訪問者の対応、留学生の受け入れ支援、英語・体操のティーチングアシスタント(T.A)のサポートなど行ってまいりました。
6月のフィンランド交換留学生受け入れに始まり、今年度は新たにオレロップ体育アカデミー奨学金による秋期留学・ポーランド・ポメラニアン大学短期留学が始まり、どちらも学部3年生が留学しています。
また今年度2学期から来校中の英語助手2名は学部男子寮に滞在しています。同年代と暮らすことで距離感が縮まり、12月には学部2年男子と九州研修旅行にも参加しました。
2学期にデンマークから来た体操指導者は体操会後地方生活団での体操や、南沢でことりぐみ(親子体操)も指導してくれました。
3月の春休みにはフィンランドへ女子部、カンボジアへ男子部、そしてニューヨークへ男子女子高等科生が行く予定です。
2017年度も学園らしい国際交流プログラムが展開されるよう準備を進めています。
~ 2016年度の様子 ~

4月 デンマークエドモントホイスコーレより来校

4-7月 イギリスTAによる初等部英語の授業

6月 フィンランドから短期留学生

7-8月 ネパールワークキャンプ

8-12月 デンマークオレロップ体操アカデミー奨学生

9-11月 デンマーク体操指導者来校

10月 フィンランド・アラヤルビ市教育長一行来校

11月 ポーランド・ポメラニアン大学短期留学

11月 デンマークより「リース遠征隊」ドキュメンタリー上映

2学期~ イギリスTA学部寮に滞在




2017年 1月29日

2017年1月29日(日)、西東京市学童クラブ連絡協議会・三多摩学童保育連絡協議会が主催し、東京都始め三多摩の12市が後援する「第27回三多摩学童保育フォーラム」が、自由学園を会場に開催されました。(プログラム等の詳細はこちら
400人を越える参加者と託児のお子さん達が学園にいらっしゃり、午前の全体会は記念講堂で、午後の12の分科会は、初等部と最高学部(大学部)の校舎で開かれました。

自由学園の学園長高橋和也は全体会でご挨拶をした他、午後の分科会のひとつであるシンポジウムにパネリストの1人として参加しました。
テーマは「子どもを支えるために必要な大人のつながり ~一人ぼっちの子どもをなくすために、一人ぼっちの親をなくそう~」です。
三多摩学童保育連絡協議会会長の妹尾浩也氏がコーディネーターを務められ、始めに高橋学園長が自由学園の教育理念、日々の生活にある自治や食にまつわる学び、父母の協力などについて画像を用いてお話しました。次に「西東京市わいわいネット」代表の岸田久恵氏から、子どもたちが一緒にお料理をする子ども食堂を始められたことや、実践する中で感じておられることなどのお話があり、その後は、会場の参加者の方のご質問も受けながら話し合いの時がもたれました。

学園の教職員や学生数人も、午前のNPO法人ファザリングジャパン代表理事の安藤哲也氏による全体講演「リターンはすべての子どもの笑顔だ!」を始め、午後の分科会にも参加させていただき、学ばせていただきました。

ご紹介いただき、挨拶をする高橋学園長

安藤哲也氏(NPO法人ファザリングジャパン代表理事)による全体講演

 

 

 

 

 

 

分科会で自由学園について話す学園長

分科会で話し合う (会場は初等部食堂)




2017年 1月21日

1月21日(土)リビング アカデミーでは東久留米市消防本部の救命救急隊(レスキュー隊)の方から、救急救命の講義と実技を教えていただきました。
119番通報から実際に救急車が到着するまでには東京都の平均で約7分かかっています。この間に初動の救急救命活動を実施することで存命率が飛躍的に高まることをお話いただき、救命技能の習得がいかに大切であるかを理解したうえで実技に臨みました。胸骨圧迫(心臓マッサージ)では、5センチくらい深く、1分間に100回以上押すのはなかなか大変でしたが、『胸骨骨折より命を助けることが優先です』との指導に、はじめは恐る恐るでしたが、だんだん力いっぱい押し込むことができるようになりました。その後AED(自動体外式除細動器)の使用実技では小さな子供に使用するときの注意点など、熱心な質問がなされ、全員がひととおり体験することができました。
昨年、東久留米市の救急車の出動は約6,500回、一日あたり18回。日中ほぼ1時間ごとに出動している計算です。この出動がゼロになることが望ましいことですが、不意の事故などにより救命が必要な場面に遭遇したときに活用できるよう、全員が真剣に取り組んだ緊張感のある実技体験の時間になりました。
※自由学園では健康管理室(保健室)はじめキャンパス内の5箇所にAEDが設置されています。

救急救命隊の車

救急隊の方の講義

胸骨圧迫(心臓マッサージ)

AED使用実技体験




2017年 1月16日

ここ数日、日本列島は最強といわれる寒波に覆われ、各地で大雪などの被害に見舞われています。
この時期になると、自由学園南沢キャンパスでは東京では見ることが少なくなった風物詩にお目にかかることができます。そのひとつは霜柱です。1934年(昭和9年)、都心から南沢にキャンパスが移された年、当時の生徒たちが朝ごとに一面に立つ霜柱にふとした疑問を抱いたことから始まった霜柱の研究は1940年(昭和15年)に『霜柱の研究・布の保温の研究』という1冊の学術書にまとまられました。この研究は現在でも高い評価をいただいています。
氷点下の気温を記録した今朝も、霜柱を見ることができました。以前は前日の霜柱に翌日の霜柱が重なって数階建ての霜柱も見ることがありましたが、さすがに最近ではお目にかかりません。
新天地と呼んでいる畑にも一面の霜が降りていました。野草区では地中から吸い上げた水分が茎の周りに結氷する「シモバシラ」という植物がまるで氷のマントを纏ったようです。
あちこちの池の氷も一段と厚くなって、様々な模様を刻んでいます。まもなく大寒、春の訪れはまだ先のようです。

しだれ梅の足もとの霜柱

初等部の霜柱

霜の降りた新天地(畑)

シモバシラ(植物)

氷の描く模様(図書館前)

厚く張った氷(女子部)




2017年 1月12日

創立者のおひとり羽仁吉一先生(ミスタ羽仁)は、著書「雑司ヶ谷短信」(下巻)「梅花清潔」にスクールフラワーとして梅をお選びになった理由を記されています。厳しい寒さの中で花を咲かせる凛とした佇まい、春の到来を告げるその高貴でありながら清浄な雰囲気を好まれ、キャンパスにたくさんの梅を植えられました。
昭和27年、最高学部の先代の食堂の建前を前に、その前庭には数百本の白梅を植えたいという構想も語られています。(「雑司ヶ谷短信」(下巻)「炬燵の上で」)
その梅は現在も最高学部の学生たちによって大切に手入れされています。
この時期になるとどこからともなく、梅の香りがほのかに漂ってきます。初等部横のしだれ梅は、一番早く、昨年末に開花しました。図書館前の蠟梅は黄色い花をつけています。最高学部前の梅園はつぼみも膨らみ、花を咲かせているものもチラホラあります。
ミスタ羽仁は「梅の持つ清浄な雰囲気が、見る人に粛然たる気持ちをもってもらえたら。そして、ただ美しいばかりでなく、清潔な感じを服飾、髪かたちをはじめ、今の世態一般に望みたい」と今から60年以上も前に書かれています。

初等部前のしだれ梅

図書館前の蠟梅

最高学部前の白梅

手入れをする最高学部1年生




2016年 11月25日

9月から体操の指導者としてデンマークから来日していたMathias. M .Jepsen マティアス・イェプセンさんと Rikke. G .Nielsenリッケ・ニルセンさんが3ヶ月の指導を終え、11月22日に日本をあとにされました。
2人は学園が長く交流を続けてきている、デンマークのオレロップ体育アカデミーの若き卒業生です。
10月に開かれた体操会では、マティアスさんが男子部中等科体操、リッケさんは女子部高等科2、3年クラブ体操、そして最高学部体操の指導をしてくださいました。
体操会後は、初等部や地方の友の会幼児生活団の体操指導にも出かけました。

女子部・男子部では転回運動やダンスも教えていただき、最後に2人の演技発表も見せていただきました。
この3ヶ月間、幼児生活団から最高学部までたくさんの生徒が、体操の楽しさを教えていただきました。
お二人が残してくださった宝物に感謝しています。

2016年11月25日  国際化センター

体操会に向けて最高学部の体操を指導

体操会に向けて最高学部の体操を指導

女子部中等科1年生と

女子部中等科1年生 代々木オリンピックセンターでの修養会の際にレクリエーションで

 

 

 

 

 

 

幼児生活団幼稚園の子どもたち

幼児生活団幼稚園の子どもたちと

「ことりぐみ」で親子体操 (幼児生活団幼稚園の未就園児の集まり)

学園大芝生で「ことりぐみ」の親子体操 (幼児生活団幼稚園の未就園児の親子の集まり)




2016年 10月19日

10月19日(水)恒例の東久留米市市民大学の皆様をお迎えしました。
市民大学中期コースの今年度は「夢と希望のもてる東久留米をめざして パートⅡ」
-今学びを生かしてさらに一歩を踏み出そう-をテーマに8月31日から12月17日までの間に15回の講座があり
毎年10月のこの時期に自由学園を会場に自由学園の教師が講師となって開講されています。
この日のテーマは「戦時下における自由学園の農業」と題し最高学部(大学部)講師 大塚ちかこによる講座でした。
はじめに東久留米と自由学園の関係についての話があり、続いて食糧増産体制における研究と実践について
当時の周辺の状況とともにご説明しました。約50名の方にご参加いただきました。
学園パン工房のパンで昼食をお召し上がりいただいたあとには、実際に畑の見学をしていただき散会いたしました。
市民大学の皆様を皆様をお迎えするのは今年で9回目、これからも地域の皆様との交流を深めてまいります。

市民大学中期コース

市民大学中期コース

高橋学園長挨拶

高橋学園長挨拶

大塚ちかこによる講義

大塚ちかこによる講義

会場の様子

会場の様子




2016年 10月15日

2016年10月14日(金)、一般社団法人エディブル・スクールヤード・ジャパン主催の「テラコヤ・エディブルVol.3 スクールランチ再考、学校給食を授業にしちゃおう」が自由学園を会場に開催され、60名近くの方が来校されました。

エディブル・スクール・ヤードの活動は、アメリカのアリス・ウォータースが働きかけて公立中学校で食育菜園を作り、収穫した作物で子どもたちが料理することを始めたのがきっかけとなり、食に関連して子どもたちが生き生きと学ぶその様子と学びの広がりの深さが共感を呼び、世界中に広がりつつあります。( エディブル・スクールヤード・ジャパンhttp://www.edibleschoolyard-japan.org/

自由学園では創立以来90年以上、生徒が食事を作り、片付けることなどを続けており、畑で作物を育て堆肥を作るなど、生活の中で自然から学び環境について考えることもしています。そのことに、エディブル・スクールヤード・ジャパンの方々が着目してくださり、このたびの会の開催に到りました。

会の内容には自由学園も協力し、会に先立ち、16時頃からご希望の方々に自由学園のキャンパスをご覧頂き、全校の食と農のとりくみについて、最高学部学生と職員がご案内しました。

%e7%94%9f%e6%b4%bb%e5%9b%a3

幼児生活団6才組の子どもたちが、世話をしているナス、ツルムラサキ、うずらについてお話する

cimg7597

最高学部(大学部)学生が、女子部・男子部・最高学部での食の学びについてご説明する

%e5%a5%b3%e5%ad%90%e9%83%a8%e9%a3%9f%e5%a0%82

女子部食堂前にて 女子部の食堂内、台所、お米を薪で炊くかまどもご覧いただく

%e7%95%91

「新天地」と呼んでいる畑、堆肥場をご覧いただく

 

%e8%b1%9a%e8%88%8e

男子部中等科3年生が責任を持ち、1年生も飼育の作業をしている養豚についてお話する

初等部食堂を会場に開かれた会の中では、代表の堀口博子さん、共同代表の西村和代さんのお話、また、今年アメリカのアリス・ウォータースの研修を受けられた小野寺愛さん、早川雅貴さんがその様子等についてお話してくださいました。学園教職員も研修として参加させていただきました。

%e6%97%a9%e5%b7%9d%e9%9b%85%e8%b2%b4%e6%b0%8f%e3%81%8a%e8%a9%b1

早川雅貴さんによる研修   会場は初等部食堂

4%e4%ba%ba%e3%81%9d%e3%82%8d%e3%81%a3%e3%81%a6

左から西村和代さん、小野寺愛さん、高橋学園長、堀口博子さん

 

 

 

 

 

 

夕食は学園食糧部が献立をたて、調理もして皆様に召し上がっていただきました。
%e9%a3%9f%e4%ba%8b
献立
 カッコ内は学園で生産された作物など
擬製豆腐(初等部のウコッケイの卵)
みぞれ和え(生活団のナス 男子部のサツマイモ)
おひたし(幼児生活団のツルムラサキ)
ごはん 梅干(女子部・最高学部 学園で収穫した梅の実を使う)
お清汁 (支援活動で芯取りなどを手伝っている宮城県石巻市産のわかめ)
甘味 小豆白玉 蕗のクッキー(最高学部「食グループ」による蕗のアンジェリカ)
おみやげ 食パン・あんパン(自由学園パン工房製)

食事中に、高橋和也学園長から自由学園の食の学びとその願いについて画像をお見せしながらお話し、初等部の淺川曜子教諭、横山草介教諭が、初等部の食の学びが「生活」の中にあり、教科とも一体となって総合的な学びとなるように気を配っていること、稲作りの様子などをお話しました。

会は21時過ぎに終了しました。
食と農は、人間が生きる上ですべての源であり、それをめぐる環境その他総合的な学びにつながる「生活」そのものです。
自由学園でも改善していきたいことはまだまだあります。子どもたちのために、よりよい学びができるようにどうしたらよいのか、学園にとっても刺激をいただくことができました。

%e5%ad%a6%e5%9c%92%e9%95%b7%e3%81%ae%e8%a9%b1%e5%88%9d%e7%ad%89%e9%83%a8%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%b0%8f%e9%87%8e%e5%af%ba%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%bb%e7%9f%b3%e5%b7%9d




2016年 9月26日

香港での帰国生説明会が9/25()に行われました。帰国子女にとって、寮という存在が大きな要因になることが、面談をしている保護者のご意見でした。特に中学校から寮生活ができることに関心が寄せられました。自然豊かな学園に是非とも一時帰国した際にはお立ち寄りください。

多くの保護者の方がブースにお越しいただき、感謝申し上げます。時間の関係上、説明不足の点はご容赦ください。皆様とまた、お会いできることを心待にしております。

img_3442

香港での説明会の様子

 




ページトップへ