第34回 東京国立近代美術館 見学/学園長ブログ - 自由学園 リビングアカデミー(45歳以上の方々の学校)

第34回 東京国立近代美術館 見学/学園長ブログ - 45歳以上の方々の学校【自由学園 リビングアカデミー】

学園長ブログ

第34回 東京国立近代美術館 見学

9月13日、初等部の5・6年生が東京国立近代美術館に出かけ、所蔵作品展と企画展「日本の家」の見学を行いました。
まず最初の50分間は6、7人のグループに分かれて常設作品3点について、ガイドスタッフの方からじっくり説明を伺い、その後30分は自由鑑賞となりました。
下記の文章は、そのガイドスタッフのお一人として自由学園を担当してくださった夏目敬子様よりいただいた、当日の子どもたちの様子についてのメッセージです。

 

「今日は我々ガイドが待ちわびていた自由学園の子どもたちが近代美術館にやってきました。昨年も来館してくれたこどもたち。今年も楽しいひとときでした。
今日私は小学5年生と一緒に鑑賞しました。5年生といえばまだどこか幼さも残っている年齢ですが、どの子も作品の本質を感じ取れる感性を持っていて、それを自分の言葉で表現できるのです。どの子も、です。
一人ひとりが感じたこと、考えたことが違い、それをすなおに自由に表現できるのです。
自由学園の教育なのだと感じます。
自由学園は我々ガイドの1番人気です。
その理由として、自由学園の子どもたちの豊かな感性と品位があげられます。
ガイドでは、年齢に応じた作品と内容を吟味してトークに臨みますが、学園のこどもたちとのトークはしっかりと手ごたえがあります。
みなさんがお帰りになった後、振り返り報告会では、『さすが自由学園。期待通りの子どもたちの反応でした』という意見がほとんど。『また来年成長したこどもたちとの鑑賞が楽しみ!』と話がはずみました」

 

子どもたちの感性や素直な感想を好意的に受けとっていただき本当にありがたく、またお褒めの言葉に身の引き締まる思いです。

 

東京国立近代美術館は充実した展示内容に加え、教育普及において最先端の取り組みと研究が行われていますが、今回の鑑賞会でもギャラリートークを担当してくださったガイドスタッフの方々に大変お世話になりました。
国立近代美術館の皆さま、深い学習に導いてくださったガイドスタッフの皆さまに心より感謝を申し上げます。

 

2017年9月14日 高橋和也(自由学園学園長)

カテゴリー

月別アーカイブ