第36回 初等部1年生の日記から/学園長ブログ - 一貫教育の【自由学園】/ 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上

第36回 初等部1年生の日記から/学園長ブログ - 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上【一貫教育の自由学園】

学園長ブログ

第36回 初等部1年生の日記から

第36回 初等部1年生の日記から

第36回 初等部1年生の日記から

2017年9月30日

初等部1年生O君の昨日の日記から。

 

「きょう、しょくじのじかんにおたんじょう日かいのかーどわたしのかかりがでた。きょうはおたんじょう日かいじゃないのにどうしてかな?とおもったが、すぐにはなしはじめた。
『これからたかはしかずやせんせいのかーどわたしをはじめます。』といった。そのとたん、たかはしがくえんちょうがたったのでびっくりした。どうやらたかはしせんせいは九月のおたんじょう日かいにでれなかったので、きょうかーどわたしをするようだ。
がくえんちょうはちょっとおはなしをしたあとけっしんをいった。一つはもっといいがっこうをつくることと、二つめは”やせる”ことだ。
二つめでみんながどっとおおわらいした。ずっこけてる人もいた。せんせいのけっしんもまもりとおせるといい。」

 

ずっこけていた人もいたんですね。O君、温かい思いをありがとう。素晴らしい観察力と文章力に感心しました。

今朝、校内を歩いていると登校して来た初等部生が「高橋学園長、今日お誕生日だよね!」とひとこと。その後もある人は木の上から、別の人はほうきを振り回しながら、また草を抜きながら、温かい言葉をかけてくれました。みなさんありがとう。

 

2017年9月30日 高橋和也(自由学園学園長)

カテゴリー

月別アーカイブ