お相撲/近況 - 幼児生活団 幼稚園/東久留米市の私立幼稚園

お相撲/近況 - 東久留米市の私立幼稚園【自由学園 幼児生活団 幼稚園】 - 人間の土台を創る一貫教育

近況

お相撲

2月14日(火)
5才組の子ども達は、6才組から『おすもう』を教えてもらいました。
6才組の2人の子どもが「おすもうを教えに来ました」と言って、実際に取り組を見せてくれました。

5才の子ども達もやってみたいと言ったので、6才組の子どもが、軍配をもって行司をしてくれました。
「はっけよ~い、のこった!」と大きな声でしきると、取り組みの5才の子ども達は、力を出して押し合います。

「のこった、のこった!」と6才の子どもが上手に行事の役をこなすと、
5才の二人は、押し方に一層力が入ります。

1回目の取り組みで負けた人も、2回目になると頑張って、押されまいと踏ん張ります。


「頑張って!!」「すごい力だ」と、応援にも力が入っていました。
最後に勝ち残った5才組の子どもが、教えに来た6才組の子どもと対戦することになりました。
押し相撲ばかりだった5才組と違って、6才組の子どもが投げ技で勝つと、
「やっぱり6才は強いね」と皆感心していました。
最後に、6才組の二人は、お相撲は固い床や危ない場所ではしないことも教えてくれました。

カテゴリー

月別アーカイブ