JIYUGAKUEN 100th ANNIVERSARY

ごあいさつ

理事長 村山 順吉

「求めよ、さらば与えられん」*1

 自由学園が創立100周年を目前にしたまさにその時、世界中で新型コロナウイルスの感染が起き、あたりまえだった日常が覆されてしまいました。しかし、自由学園において、この状況はただ一人の先生である主イエス・キリストから与えられた試練ではないか、と私は思うのです。私たちは日々の営みの基をどこに求めているのでしょうか。もし、自らの思いや作り上げてきたものにあるのなら、それが打ち砕かれるための大切なメッセージだと受け止めているのです。

 私たちの前には、主から託された多くの子どもたちがいます。一人ひとりに神がタラントとして授けた、大人の想像する範囲をはるかに超えて伸びようとする力が潜んでいます。その力に畏敬の念を抱きつつ、子どもたちの成長を最も相応しい在り方で支えようと改めて全身全霊で求めたときに、自由学園の新たに進むべき道は希望とともに必ず指し示されると私は確信しています。

 自由学園は今、新たな道と希望の実現のために学校改革に全力で取り組んでいます。ICT *2環境の充実や校舎の整備のほか、具体的な必要にも迫られています。皆様にはどうかご寄付をもってお力添えをいただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

* 1 新約聖書マタイによる福音書より
* 2 ICT:通信技術を活用したコミュニケーション

2020年9月15日 理事長 村山順吉

初等部と日時計

学園長 高橋 和也

「新たな100年を目指して」

 自由学園は創立100周年を迎えます。100年という長い歴史を通じての神様の豊かなお守りとお導き、そしてこの教育をお支えくださった多くの方々のご支援への感謝の思いは尽きません。そして次の100年に向かって、常に変わらぬ導き手である神様を信頼し、その導きにお応えできる神の公器としての学校の姿を目指し、祈りつつ歩みたいと願っています。

 急速に変化し、不確実な要素に満ちた現在の社会状況の中、教育の在り方も世界中で問い直しが行われています。新型コロナウイルス感染症が世界中で広がり、自由学園も大きな試練の波の中にあります。命の安心と安全を守りつつ、子どもたちの成長を支えるために今私たちにできることは何か。教職員一同、保護者の皆様のご理解とお支えのもと、最善を尽くしこれにあたっています。

 自由学園では創立100周年というこの大きな節目を前に、これまで培ってきた教育の成果を吟味し、変えるべきものと変えてはいけないものを見極め、次の100年に向けて未来を創る子どもたちが育つにふさわしいよりよい学校づくりに向かう学校改革に着手しています。創立者の志を継承し、未来の世代にこの教育の希望をつないでゆくために、皆様のお祈りとお力添えを賜りますようお願い申し上げます。自由学園は、これからも私たちをお支えくださる皆様と共に歩みつづける学校でありたいと思います。
2020年9月15日 学園長 高橋和也

コンサート
体操会