防災フェスタ2018を開催/安全への取り組み お知らせ・活動報告 - 一貫教育の【自由学園】/ 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上

防災フェスタ2018を開催/安全への取り組み お知らせ・活動報告 - 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上【一貫教育の自由学園】

安全への取り組み お知らせ・活動報告

防災フェスタ2018を開催

防災フェスタ2018を開催

防災フェスタ2018を開催

2018年10月2日

9月30日(日)、防災フェスタ2018が最高学部棟とその周辺を会場として開催された。今年で2回目となるこの会は、主催をキリスト教会防災ネットワークN新座・H東久留米・K清瀬が、そして西東京キリスト教会防災ネットワークが後援となり、協力として東久留米消防署や東久留米市役所などの市内行政機関、および防災用品関連企業、近隣自治会なども名を連ねた。本校は、4年ほど前から主催者へ防災面で協力しており、ここまで活動を共にしてきている。

今回は台風の接近に伴い、天候には恵まれなかったが、それでも各教会の信徒の方々や近隣にお住いの皆さまなどに参加していただき、全体で150名前後の参加人数となった。参加者の中にはお子さまも多く、消防署が用意した消防士体験や消防車との記念撮影が人気であった。また一般の方々へ向けても消火器訓練やAED訓練、社会福祉協議会による応急措置方法の紹介など、いろいろと学んでいただける機会であったと思う。

これまで防災に関わる中で、意識をお持ちの方が数多くいらっしゃる一方で、具体的な準備(備蓄)はなかなか進んで行かない現実にも向き合ってきた。そこに対して私は、「見て」「知って」「触れて」「納得してもらう」ということを軸にして、まずは”自分にもできそうな気持ち”になってもらうことが必要ではないかと考え、この防災フェスタにも反映させている。

各ブースを回ると熱心に説明へ耳を傾け、訓練にも取り組んでおられる姿があり、まずは具体的な行動への入り口に立ってもらった印象を持つ。地域の防災力は、個人のそれに比例して向上してゆくことから、こういった取り組みを今後も継続し、ここでの経験が、災害発生時に少しでも役立つことを願っている。

  防災フェスタ2018

危機管理本部 蓑田圭二

カテゴリー

月別アーカイブ