11月9日(土)・10日(日)「しあわせの経済 国際フォーラム2019in横浜戸塚」 自由学園が協賛し、分科会に学園長が登壇します/お知らせ - 一貫教育の【自由学園】/ 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上

11月9日(土)・10日(日)「しあわせの経済 国際フォーラム2019in横浜戸塚」 自由学園が協賛し、分科会に学園長が登壇します/お知らせ - 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上【一貫教育の自由学園】

お知らせ

11月9日(土)・10日(日)「しあわせの経済 国際フォーラム2019in横浜戸塚」 自由学園が協賛し、分科会に学園長が登壇します

2019年10月30日

「どうしたら、世界はもっと幸せな場所になるのでしょう!?」

「しあわせの経済」フォーラムは、急速に進む開発とそれに伴う文化と自然環境の破壊を憂えてローカリゼーション運動を推進している、スウェーデン出身のヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんの呼びかけと活動に共鳴した人々により、世界中で開かれています。
日本で開催されるのは、今年で3回目。
開催実行委員会リーダーの辻信一氏(文化人類学者・環境=文化運動家・明治学院大学国際学部教員)をはじめ、日本でこのフォーラムに関わっている方々の中に、自由学園の教育理念に賛同してつながりを持って下さっている方が複数いらっしゃるご縁から声をかけていただき、自由学園も協賛することになりました。

■フォーラムへの自由学園の参加
フォーラム2日目には、自由学園学園長の高橋和也が「教育とローカリゼーション」の分科会でゲスト参加します。
また、2日間を通して、今年30年を迎えた自由学園最高学部(大学部)のネパールでの植林活動をご紹介するパネル展示をいたします。
どうぞ皆様ご来場ください。

※フォーラムの翌日、11月11日(月)には、自由学園にヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんをお迎えし、初等部6年生にお話をして頂く予定です。

■「しあわせの経済」国際フォーラム2019特設サイト
http://economics-of-happiness-japan.org/

■「しあわせの経済」国際フォーラム2019 in 横浜戸塚
開催日時:
1日目 11月9日(土)10:30~18:00
2日目 11月10日(日)10:00~17:30

会場:明治学院大学 横浜キャンパス  
JR・市営地下鉄ブルーライン戸塚駅東口よりバス10分「明治学院大学南門」下車
アクセス詳細:明治学院大学WEBサイト
入場料:2日間通し券2,000円 学生1,000円
主催:ローカルフューチャーズ(イギリス)・「しあわせの経済」国際フォーラムin横浜戸塚実行委員会(日本)
上記の実行委員会には、自由学園の生徒有志も参加しています。
主催・共催・後援・学校法人自由学園を含む協賛団体等に関する詳細は、特設サイトをご覧ください。

■高橋和也学園長がゲスト参加する分科会について
この日開かれる12の分科会の一つです。
【A-3 教育とローカリゼーション】
日時:11月10日(日)11:00~12:30
会場:712教室
ゲスト:
高橋和也 自由学園学園長
ムー・ソンブーン INEB(国際エンゲージドブディズム・ネットワーク)事務局長)
菅間正道 自由の森学園高校教頭
モデレーター:小野寺愛 一般社団法人そっか共同代表
企画:一般社団法人そっか

■最高学部ネパールワークキャンプのパネル展示
タイトル:「自由学園最高学部ネパールワークキャンプ・村人と共に森をつくる」
会場:8号館1階インターナショナルラウンジ
1990年から始まったネパールワークキャンプでの植林活動を始め、現地の人々と学生の交流や調査、今年の活動などについてご紹介します。
会期中、いつでもご覧いただけます。

■ご案内のチラシ
下記画像(jpg)をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
ちらしのpdf画像は、こちら からご覧ください。


  • チラシ表面

  • チラシ裏面

■ローカリゼーションについて
ご案内のチラシより引用
私たちはこう考えています。数々の危機がつながっているように、それを解決する方法もまたつながっている。そして答えは今までと根本的に異なる考え方の中にある、と。まずは、自分たちが自然界の一部であり、自然に支えられてこそ生きられる存在であることを思い出すこと。そして、自分たちがいかに切実にコミュニティを必要とする存在であるか、ということに気づき直すこと。今こそ、私たちの経済活動をグロ ーバルからロ ーカルヘと大きく転換し、経済という仕組みそのものを、もう一度自分たちの手に取り戻す時です。ロ ーカリゼーションは、壊れかけた住民同士のつながり を、また人間と自然界とのつながりを修復する役割を果たすでしょう。こうしてよみがえるつながりは、私たちの幸せ
な人生のためばかりではなく、私たちの生存のために不可欠なのです。
ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ
辻 信一

カテゴリー

月別アーカイブ