4月28日(土)リビングアカデミーの始業式です/近況 - 自由学園 リビングアカデミー(45歳以上の方々の学校)

4月28日(土)リビングアカデミーの始業式です/近況 - 45歳以上の方々の学校【自由学園 リビングアカデミー】

近況

4月28日(土)リビングアカデミーの始業式です

陽が眩しい快晴のなか、爽やかな風がそよぐ自由学園の記念講堂で、始業式が行われました。
1期生、2期生、3期生、あわせて123名のリビングアカデミー(LA)学生が、新しい「家族」ごとに着席して式が始まりました。年次をこえたグループ=家族に分かれて、学び助け合うのが自由学園の伝統です。まず出席者と講師が紹介され、続いて村山順吉理事長から学生の代表に、LAのバッジが贈られました。
次は、高橋和也学園長の歓迎の辞。「ともに新入生として、新たな気持ちで学生生活を送ってほしい。与えられた日々に感謝しつつ、日々新たな自分を発見したり、不思議を感じたりしていただきたい。」とのお話しでした。
そして、中村祐二LAリーダーの挨拶があった後、選択クラス「元気にコーラス」のメンバーの先導で、「リビングアカデミー賛歌」を斉唱しました。初めて歌う人も多かったのですが、よくそろった歌声が記念講堂いっぱいに響きわたりました。

ちょっと休憩をとった後は、LAの紹介です。ともに「学び」、みんなと「交わり」「楽しむ」、そして「社会に少しでも役立つ」ことを目指すのがLAの目標だと説明されました。続いて「家族」ごとに集まり、家族長の司会で自己紹介した後、「家族とは」などについて懇談しました。
自由学園にとって、昼食は特別な時間です。講師も学生もそろっての食事。配膳も後片付けも、みんなでやります。今回は、1期生と2期生が準備をして、3期生を歓迎する形式をとりました。「家族」が一緒のテーブルにつけるように配置も工夫されています。お赤飯と安全と健康に配慮された献立を、和やかにいただきました。
午後は、キャンパスツアーです。新しく入った3期生を中心に、学園内の施設等の案内・紹介がありました。どこか懐かしい歴史的建造物の校舎、10万㎡におよぶ緑豊かな自然環境を満喫しました。

カテゴリー

月別アーカイブ