【社会】飯能市「水と緑の学習フォーラム」へ参加/環境文化創造センター - 一貫教育の【自由学園】/ 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上

【社会】飯能市「水と緑の学習フォーラム」へ参加/環境文化創造センター - 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上【一貫教育の自由学園】

環境文化創造センター

【社会】飯能市「水と緑の学習フォーラム」へ参加

【社会】飯能市「水と緑の学習フォーラム」へ参加

【社会】飯能市「水と緑の学習フォーラム」へ参加

2019年2月6日

1月29日に,飯能市教育委員会主催の水と緑の学習推進事業「水と緑の学習フォーラム」に, センターの杉原と遠藤(木工)が参加しました.これは去る1月18日に,自由学園と飯能市が 「連携による森林整備に関する協定」を締結したことに伴うもので,飯能市の小中学校22校の 校長・教頭が主に出席するものです.
これまでも,自由学園では,男子部生が名栗分収造林地で育林活動を行っている 期間中(春秋年2回)に,初等部生を対象にして森林環境学習・林業体験学習を山本幸右先生と男子部生が行っていますが,2003年からは同様に名栗小学校の学習林体験活動(毎年秋)も行っています.そのようなことから,これまでもオブザーバーとして参加したことはありましたが,今回から正式に参加することになりました.
実践報告,グループディスカッションでは,限られた授業時間内で木工を行うための下準備の大変さや,森林が荒れていて,林業体験や森林環境学習のフィールドが意外に限られている現状が話し合われました.また,今年の3月で廃校になる小学校もあって,環境保全のためだけではなく,林業や森林ビジネスの振興の必要性を強く感じさせるものとなりました.

文:杉原弘恭・遠藤智史(環境文化創造センター)

カテゴリー

月別アーカイブ