雑誌『CONFORT』No.171号 自由学園女子部の「木の学び」の活動について、指導者の一人吉川和人氏が記事内で紹介/お知らせ - 一貫教育の【自由学園】/ 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上

雑誌『CONFORT』No.171号 自由学園女子部の「木の学び」の活動について、指導者の一人吉川和人氏が記事内で紹介/お知らせ - 幼稚園・小学校・中学・高校・大学部・45歳以上【一貫教育の自由学園】

お知らせ

雑誌『CONFORT』No.171号 自由学園女子部の「木の学び」の活動について、指導者の一人吉川和人氏が記事内で紹介

2019年11月26日

先ごろ、自由学園女子部(中等科・高等科)の「木の学び」の活動が、ウッドデザイン賞2019を受賞しました。
・関連記事 https://www.jiyu.ac.jp/blog/info/71695

長年使用してきた教室の机と椅子を新しいものに替えるにあたり、数年かけて生徒が研究し、机と椅子の企画デザインをしました。
生徒のデザインした机は、岐阜の広葉樹林で伐採した10数種もの木の材を生かし、1年に100台ずつ、3年間で300台を制作することになりました。
その部材の加工や組み立て、仕上げをして下さったのが、広葉樹の扱いに詳しい(株)ウォールデンウッズの吉川和人さんです。吉川さんに指導していただきながら、生徒・学生や教職員も加工や組み立て等に関わって机を完成させることができ、大変お世話になりました。

上記の吉川和人さんが、雑誌『CONFORT』の取材を受けられた際に、自由学園女子部の活動についてもお話しくださり、記事内で紹介して下さいましたのでご紹介します。

■『CONFORT』(コンフォルト)No.171
株式会社建築資料研究社発行

特集:インテリアには木を使いたい
「森を翻訳するひとたち 二人の木工作家」のお一人として取材記事掲載
「ものだけでなく、人々が木や森と関わる体験をつくる。
そこに可能性を感じています。」吉川和人

■『CONFORT』WEBサイト
https://confortmag.net/confort-no171

■表紙

自由学園の木工所で吉川和人さんに指導していただき、数名の女子部生や最高学部学生、教職員も一緒に部材の加工、組み立てなどをして机を仕上げる。

カテゴリー

月別アーカイブ