• 自由学園の紹介
  • 理事長の挨拶
  • 自由学園の創立者
  • 自由学園の沿革
  • 自由学園の沿革1921~1950
  • 自由学園の沿革1951~1980
  • 自由学園の沿革1981~2011
  • キャンパス紹介
  • 組織図
  • 自由学園 明日館
  • 関係団体
  • HOME
  • 自由学園の紹介_自由学園の沿革
自由学園の沿革
自由学園は2011年4月に創立90周年を迎えました。
これまでの90年間の沿革をご紹介します。


※上部の年代をクリックすると該当項目に移動します。

以下年表は、創立90周年の記念に発行した冊子「自由学園90年の歩み」より転載しています。

1921~1950年度 自由学園教育の基盤が創られる
学内行事一覧
    羽仁もと子、『婦人之友』1921年2月号で「自由学園の創立」を告げる。
1921年度 4月 普通科26名を迎えて目白において創立。5月に高等科59名を迎える。
1922年度 6月 フランク・ロイド・ライトと遠藤新設計による校舎落成。現在の明日館。
1923年度 4月 第1回卒業式。卒業生35名。卒業生対象の1年間の研究科創設。
9月 関東大震災起きる。生徒が学んだことを生かして救援活動に参加。
1月 生徒が委員会を組織して自治による運営の責任を負う。
1925年度 5月 久留米村南沢に10万坪の土地を購入、3万坪を学校用地、残りを分譲地とする。
1927年度 4月 小学校新設(現初等部)。入学者10名。
5月 『羽仁もと子著作集』出版を発表。7月に第一巻が出版される。
7月 婦人之友25年記念講演会で「思想しつつ生活しつつ祈りつつ」と題して講演。
1928年度 6月 卒業生が「自由学園消費組合」を設立。現在の「消費経済研究部」に繋がる。
1929年度 7月 南沢に「野の花庵」と名づけた羽仁夫妻の家が建つ。
12月 自由学園協力会が誕生。
3月 小学校校舎が南沢に建ち移転。南沢学園セツルメントが開所する。
1930年度 1月 『学園新聞』創刊第1 号発行。
1931年度 5月 創立10周年の音楽会、報告会、美術工芸展、小運動会を行なう。
9月 ニルス・ブック氏ら来校、デンマーク体操のデモンストレーション。
1932年度 4月 校歌「自由を目指して」決まる。作詞・女子部生徒、作曲・近衛秀麿。
8月 羽仁もと子、ニースの世界新教育会議で自由学園の教育について講演。
11月 美術工芸を学んだ卒業生が工芸研究所創立。翌年三越で展覧会を開催。
1933年度 7月 目白から南沢への校舎移転を発表。
1934年度 9月 ライトの弟子遠藤新設計による校舎が南沢に完成、目白から移転。
目白は「明日館」と名付け、卒業生が社会に働きかける拠点とする。
1935年度 4月 男子部創設 「思想・技術・信仰」が標語。
友の会の東北セツルメント活動に女子部生が参加を始める。
1938年度 5月 北京生活学校開校。1945年閉校までに221名の卒業生を送り出す。
1月 幼児生活団開設。幼児展覧会の結論として始まる。
2月 自然の学びとして始まった「霜柱の研究」に学士院研究補助金が与えられる。
1940年度 4月 全員入寮の男子部で、自分が使う「雲水机」作り、朝食の自炊が始まる。
1941年度 4月 食料不足を乗り切るため「食事中央事務局」(現在の食糧部)を設置。
5月 農場用地を栃木県那須に購入。男子部生が開墾、11月に「農場開き」。
12月 創立20周年教育報告会を3日にわたって開催2日目に太平洋戦争始まる。
1944年度 4月 生徒の工場動員が始まる。戦争で男子卒業生11名、女子部生徒4名を失う。
1946年度 12月 創立25周年を記念して高松宮殿下はじめ来賓を迎え、戦後初の教育報告会。
1947年度 4月 那須農場に自由学園農学塾開設。1973年まで172名の卒業生を送り出す。
1948年度 4月 目白に自由学園生活学校開設。1973年まで1218名の卒業生を送り出す。
1949年度 4月 男子最高学部開設(4年制)。
1950年度 4月 女子最高学部開設(2年制)。
5月 創立30周年を記念して植林を埼玉県名栗で始める。
1月 羽仁夫妻に神奈川県二宮に「友情庵」が学園関係者・友の会から寄贈される。
3月 自由学園、財団から学校法人に変わる。(1938年8月に財団法人化)

建築中の校舎で行なわれた開校式(1921年)
  • 建築中の校舎で行なわれた開校式
    (1921年)
創立10周年記念音楽会(1931年)
  • 創立10周年記念音楽会
    (1931年)
南沢に完成した女子部校舎(1934年)
  • 南沢に完成した女子部校舎
    (1934年)

ページトップへ