3月30日発売 『自由学園 最高の「お食事」 ~95年間の伝統レシピ~』/お知らせ - 自由学園 リビングアカデミー(45歳以上の方々の学校)

3月30日発売 『自由学園 最高の「お食事」 ~95年間の伝統レシピ~』/お知らせ - 45歳以上の方々の学校【自由学園 リビングアカデミー】

お知らせ

3月30日発売 『自由学園 最高の「お食事」 ~95年間の伝統レシピ~』

自由学園女子部(中等科・高等科)は、創立以来95年にわたって、毎日の昼食を生徒たちが自ら作って、全員揃っていただくことを続けてきました。
創立当時は「給食」のない時代です。創立者羽仁もと子は、成長期にある子どもたちに「あたたかい昼食を食べさせたい」という願いをもっていました。そして入学した生徒たちもまた、自分のことは自分でしたいという意識をもって、毎日の昼食を生徒が交替で作ることが始まりました。
以来、女子部では学年交代で食事を作り、毎日食堂で全員揃って昼食を頂くことを95年にわたって続けてきています。
(現在学園では、他の部も保護者の方々の協力や生徒により調理された手づくりの食事をそれぞれの食堂で頂いています。)

このたび、女子部卒業生のボランティアチーム(JIYU5074Labo)が企画・制作し、自由学園が協力してできあがった本『自由学園 最高の「お食事」』が新潮社より発行されることになりました。脈々と受け継がれてきた伝統の味が初めて公開されます。
在学した皆様にもアンケートにご協力いただき、「知りたいレシピ」で上位を占めた人気メニューや、自由学園ならではのお料理が紹介されます。自由学園女子部の生徒が作っているお食事を、ぜひご家庭でも味わっていただけたらと願っています。

■自由学園学園長 高橋和也のブログ
自由学園の「食」に関する取り組みなど、関連記事が掲載されています。ぜひご覧下さい。
第13回 『自由学園 最高の「お食事」 ~95年間伝統のレシピ~』が刊行

■発刊に関連して掲載された記事の紹介
朝日新聞に掲載 「手作り『お食事』学びの場」 ~96年続く自由学園女子部の昼食~
毎日新聞に記事掲載 『95年の伝統レシピ 本に 自由学園生徒がつくる「最高のお食事」』
『タウン通信』に掲載 女子部の食事作り・レシピ本関連記事
『自由学園 最高の「お食事」』増刷決まる 西日本新聞に紹介記事掲載
自由学園95年間の伝統レシピ 地元『学園町かわら版』に記事掲載
朝日新聞に掲載「お食事」こしらえ学ぶ日々 自由学園女子部 96年続く昼ご飯

■自由学園の食の取り組みが紹介されたサイト
・自由学園の食の取り組みについて記事掲載 食農育ポータルサイト「Rice Ball Network」

2017年3月30日(木)発売
新刊『自由学園 最高の「お食事」 ~95年間の伝統のレシピ~』
発行:新潮社
定価:1,300円+消費税

2017年3月30日発売
全国の書店、ネット書店で販売しています。

カテゴリー

月別アーカイブ